濫觴塾

【濫觴】らん‐しょう〔‐シヤウ〕 《揚子江のような大河も源は觴(さかずき)を濫(うか)べるほどの細流にすぎないという「荀子」子道にみえる孔子の言葉から》物事の起こり。始まり。起源。

青山1丁目に・・・

てらこやegg児童募集中! 

スタディ・パルはてらこやeggを開設しました。児童の皆さんには

あっ、わかった。勉強って楽しいね。をたくさん体験してもらいたいと思います。

              

対象学年   小学4 5 6 年生 

●勉 強 内 容         宿題 +自主勉強(詳細は裏面をご参照ください)

●勉 強 科 目          算数・国語・理科・社会・英語(コミュニケーション英語) 

●勉 強 曜 日         毎週 月曜日~金曜日

コース                       勉強時間         月謝

  1. てらこや ONE (1回コース)           入室時~6:00まで      4,000

  2. てらこやONEPLUS(1回コース)        入室時~7:00まで        5,000円 

  3. てらこやTWO(2回コース)             入室時~6:00まで        8,000

  4. てらこやTWOplus(2回コース)         入室時~7:00まで         9,000

  5. てらこやTHREE(3回コース)          入室時~6:00まで        12,000

⑥てらこやTHREEplus(3回コース)        入室時~7:00まで        13,000

*教科書準拠の副教材テキストを用意しております。算数・国語・理科・社会・英語とも各教科一冊2,000円です。

また、入会時に模擬試験(育伸社)を無料で受験することができます。ご希望の方はお申し出ください。

(*入会金4,000円、年間施設利用料 5,000円となります) 

●青山1丁目に土曜コース開設

指導時間 AM 9:0011:00   土曜日(5土曜日を除く)

月    5,000円  (*入会金4,000円、年間施設利用料 5,000円となります) 

大学進学への道!!

国立・私立難関大学進学への道!!

前回は、てらこやeggの学習方法をお話ししました。そして、小学校4年生からは、完全予習型の勉強をしなければならない、ともお話ししました。私は、正しい方法で勉強をすればどんな皆さんでも国立・私立難関大学に入学できると思っています。今回はもう少し具体的に大学進学への方法論を述べて見ましょう。

教科書勉強の意味!

勉強の土台となるのは、教科書です。現在使用されている小・中学校の教科書は、戦後の70余年の歴史の中で、質・量ともに最も豊富で難しい内容になっています。小学校で学習することは、中学校の内容と大部分重複しますし、中学校の教科書は、すでに高校で学習する内容をつねに念頭に置いた表現で書かれています。したがって、小学4年生からどのように勉強していくかが、高校・大学進学への鍵を握っている、ということになります。

教材の選択!

ここで注意しなければならないのは、教科書の範囲を充足していない教材、教科書の内容を逸脱した教材は決して使わないということです。問題集は、教科書準拠用教材でかつ、基礎から応用に至る内容を全範囲カバーしているものを使用することがとても重要になります。

勉強の進め方!

算数を例にお話しします。当塾の教材で一つの単元(2ページでシート1)を勉強すると教科書29ページ分の勉強をすることになります。小学校46年生の各学年の総単元数は4045で、二~三単元勉強する毎に復習テストがあり、それを加えると60単元前後を勉強すれば1年分の内容をすべて学習し終えることになります。(A君は9月から入塾し今月11月で算数の全範囲が終了しました。) 当塾で勉強しているお子さんは、算数2 ページ(シート1枚)を早い子で15分、遅い子でも45分で終えています。毎日1時間の勉強を積み重ねていくと、3カ月~6カ月で算数・国語・理科・社会の全教科の1年間分の勉強が完了します。勉強してわかるようになりたいという気持ちがあるお子さんがこの毎日すこしずつ勉強する習慣を身につければ、学力は自然についていき、国立大学進学の目安となる高校の偏差値58を超えることができる、と思います。

意識の改革がKey!!

今年度の国内の大学への進学者数(短大を含む)は全国でおよそ62万人(今年度高校卒業資格を取った総人数の54,7%)ですが、そのうち国立大へ進学できた人は10余万人(全生徒数の8.9%)にすぎません。「大学進学へ通じる道は、小学校4年生からはじまる。」ということを念頭において、ゆとりのある年間計画を立て、こつこつと勉強を重ねながら志望する国公立・難関私立大学への道程を切り開いてほしいと思います。

小学生はどんな勉強をすればよいの?!

  1. てらこやeggの学習方法

てらこやeggでは何を、どのように勉強するのかというと・・

    1. 教科書の内容を勉強します。

      まず、宿題をします。何故、宿題なのかというと、学ばなければならないことのすべてが教科書に書いてあるからです。小学校46年生の教科書で学習する内容は、中学校の内容とほぼ同じですし、むずかしさもほとんど変わりません。

    2. 問題集の使い方

      教科書をよりわかりやすく、より深く理解するために、宿題が終わったら問題集を使います。 しかし、教科書の内容を逸脱しているものには絶対に手を出しません。教科書を逸脱した内容、つまり将来中学・高校で学習する内容につながらないものを学ぶことは、単なる頭の体操にしかならないからです。(ただし、高校で113時間程の勉強で東大・京大・医学部に入れるあなた((模擬試験で偏差値が平均で72を超えている人))は別です)

    3. 宿題が終わったら・・・徹底した予習勉強をします

      宿題が終わったら教科書を予習していきます。授業で初めて教科書の内容を目にして、その後、お家で復習してわからないところをもう一度やり直すという勉強を繰り返していては絶対に学力は伸びていきません。理解が深まらないからです。

    4. 算数を勉強するということ

      特に、算数は小学校4年生になると具体的な事例から抽象的な概念へと、身につけていく内容が大きくかわる時期に入ります。だから、基礎的な知識がないとその先にある抽象化・概念化につながりません。基礎知識は次の段階へ進むための土台です。そこが欠落すると世界が広がりません。(算数の教科書には、直接書いてなくてもみなさんに知ってもらいたい様々なルールが存在します。それを発見し、「なるほどそうか! と解くことの面白さを実感してほしいのです。)

       

      以上のように、当塾の指導は、まず教科書が示している解き方・考え方を理解し、そのやり方にしたがって問題を解きながら、獲得した知識を使ってさらに他の解き方も考えていこうという学習法です。

ギャラリー
  • ちょっと見難いかな!? H30年度後期 数学 第四問3(3)
  • ちょっと見難いかな!? H30年度後期 数学 第四問3(3)
  • ちょっと見難いかな!? H30年度後期 数学 第四問3(3)
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行