濫觴塾

【濫觴】らん‐しょう〔‐シヤウ〕 《揚子江のような大河も源は觴(さかずき)を濫(うか)べるほどの細流にすぎないという「荀子」子道にみえる孔子の言葉から》物事の起こり。始まり。起源。

'19 MAECH+上智・国際教養で見る市内各校の実力!!その2

順位

大学

志願者

前年比

前年順

順位

大学

志願者

前年比

前年順

 1

近畿大

146558

-9667

  1

  9

中央大

91465

3283

  9

  2

東洋大

118370

2929

  5

 10

千葉工

81837

2932

 10

  3

法政大

115447

-7052

  2

 11

立教大

68796

-2997

 11

  4

早大

111338

-5871

  4

 12

青山大

60404

-2501

 12

  5

明治大

111304

-8975

  3

 13

東京理

60007

-3441

 14

  6

日本大

97934

-17246

 6

 14

専修大

54705

8944

 19

  7

立命館

93782

-4480

  7

 15

龍谷大

54221

2419

 16

  8

関西大

93182

996

  8

 16

同志社

53735

-4861

 13

注 上の2つの表は、サンデー毎日 3.17etc参照

文部科学省が、大規模総合私立大学の定員オーバー分についての補助金カットという乱暴な政策を打ち出した結果、首都圏を中心とする私立大学の一般入試の難易度が大幅にアップし、今年度は昨年度より合格ボーダーラインが510%上がったと予想されています。上表には載らなかった慶大(昨年の19位から今年は圏外) を始め、早大、明大、立教大、青山大、法政大の受験者数が減少しました。受験者数が増加したのは、国際経営と国際情報を新設した中央大だけです。上述の政府による定員管理によって、ここ3年ほど合格者の数を抑えてきた難関私立大学も一段落ついて今年度は一般入試の合格者定員を増やすところが多かったにも関わらず、この3年間で大量の浪人生を生み出し、受験生の安全志向の傾向が強まった結果指定校推薦等での受験者が増加し、難関大の一般受験者数の軒並み減につながったと思われます。2020度から始まる共通テストも受験生に重くのしかかる大きな要因で、今後も一般受験の志望者数は減少していくのではないかと予想されます。 さて、市内の上位校に目を転じて見ましょう。

下表は、国際教養+上智+MARCH+東京理科の合格者の合計を昨年度と今年度で比較したものです。

仙台第223166

仙台二華5598

仙台第一165196

仙台第三5984

宮城第一4045

ウルスラ叡智6171

仙台青陵 4146

東北学院4239

仙台泉  1224

仙台南2126

仙台育英2426

泉館山2518

仙台向山1817

仙台白百合1513

 

急増組は、仙台二華、仙台一、仙台三の3校、前回の折込でお知らせしましたが、慶応・早稲田への合格者が増加したのは、聖ウルスラ叡智高のみで仙台二・仙台二華・仙台一・仙台三各校のトータル数は軒並みダウンの状況でした。この点から考えると、仙台二高は、SGU指定校は横ばい、その次に位置するMARCHクラスの生徒が減少、仙台二華高は共に増加、仙台三高は減少・増加、仙台一高はSGU指定校クラスの生徒の減少→MARCHクラスの増加という構図になったのではないでしょうか? また、国立難関大への進学者が大幅に減少した仙台泉高・仙台南高の両校は中堅国立大学や、MARCHへの進学者が増加(20人を超えています)しており、在校生の大学志向に変化がでているのかもしれません。私学で存在感を示しているのは聖ウルスラ叡智高です。慶応4 早稲田6 MARCH71 と唯一全体的に増加しました。上述の公立4校に次ぐ県下第5位の地位を確実にしてきています。他校はやはり物足りない数字と言わざるを得ないでしょう。今後の動向を見守っていきたいと思います。

'19 MARCH+上智・国際教養で見る市内各校の実力!!その1

今回は、仙台市内の上位校の上智+国際教養+MARCH+東京理科+東北学院の合格者を見てみることにしましょう。

 

国際教

上智

明治

青山

立教

中央

法政

東京理

学院大

仙台二

01

21

3729

107

119

7050

3215

6154

2622

仙ニ華

01

36

814

34

36

2135

1014

718

8561

仙台一

10

43

3737

117

819

3853

2941

3736

5066

仙台三

 

12

1319

23

210

1017

1318

1715

85115

宮城一

10

02

94

11

42

922

66

108

99136

ウルス

 

47

910

 22

70

1619

411

1922

4136

仙青陵

 

22

107

04

42

713

89

109

3841

学院

 

40

42

30

33

1417

813

64

122-137

仙台泉

 

10

41

22

11

216

23

01

156-158

仙台南

 

01

35

20

15

65

69

31

172-193

育英

01

01

54

02

21

69

56

62

7191

泉館山

10

 

33

30

01

611

83

40

127-186

仙向山

 

 

25

 

05

 54

72

41

12484

白百合

 

1210

10

 

 

12

 

11

1316

(注 合格者数は 昨年度→今年度 の数字です。)

大躍進!仙台二華、安定!仙台二、上昇機運!仙台三・・・

ら 2019年度の難関国立・私立大合格者のデータが出揃いました。(参考 サンデー毎日・週刊朝日)  今年度の上位校の結果を見てみましょう。

 

 

東大

京大

東北大

東工大

一橋大

阪大

名大

早稲田

慶応

仙台二

17  9

10  8

98 62

5

3

2

 1

25  3

21  7

仙ニ華

 3   1

 3   3

34 24

1

 

 

 

 8   1

 4   1

仙台一

 2   0

 1   0

81 52

 

 

2

 

14  3

11  7

仙台三

 

 3   1

37 29

 

1

 

 

 2   1

 2

宮城一

 1

 

19  9

 

 

 

 

 3

 1

泉館山

 

 

 7   4

 

 

 

 

 1

 

青陵

 1   1

1   0

 6   3

 

 

 

 

 3

 

向山

 

 

 5   4

 

 

 

 

 

 1

宮城野

 

 

 3   2

 

1

 

 

 2

 

仙台南

 

 

 2   1

 

 

 

 

 1   1

 1   1

仙台泉

 

 

 2   2

1

 

 

 

 

 

古川

 

 

 7   5

 

 

 

 

 2

 

ウルス

 

1   1

14 13

 

 

 

 

 6   6

 4   4

白百合

 1   1

 

 2   1

 

 

 

 

 

 1

育英

 

 

 4   3

 

 

 

 

 

 1

東大・京大・東北大 は 総数、現役の合格者です。

 

東北大医学部  仙台二 17 仙台二華 9  仙台第一、泉館山、青陵中等、気仙沼、聖ウルスラ 1

北大医学部        仙台二華 1

自治医科大()  仙台二 4 

埼玉医科大()  仙台二華、仙台一、古川学園 1

北里大()    仙台一、秀光 1

東海大()     聖ウルスラ 2

東北医薬大()    仙台二12 仙台二華5 仙台一3 仙台三2  仙台、青陵中等、秀光、学院榴、古川学園1

 

昨年度復活を遂げた仙台二高は、今年も堅調です。東大17(9) 京大10(8) 東北大98(前期92 現役59 後期5)でそのうち医学部17名、東工大5 一橋大3 他、 県下NO1進学校の面目躍如の結果となりました。

 仙台二華高は、昨年東大、京大への進学者が激減し中等部の入試倍率低下の影響ではないかと懸念されていましたが、昨年度卒業生は医学部志望の生徒が多かったため、一浪を余儀なくされた格好だったようです。今年度は、東北大医学部への進学者が7名、北海道大へも1名他、医学部進学者が仙台二高に続く第二位となりました。また、東大3(現役1) 京大3(3)東工大1国際教養大1など最難関校への進学もみられ、大躍進と言っていいでしょう。

昨年度東北大63(現役34)名と近年の中では厳冬の数字となった仙台一高は今年度81 (前期78 現役50 後期3)とやや復活の兆しはあるものの東大0 京大1(0)東工大0一橋大0東北大()1(0) とトップ層が仙台二華高に大きく水をあけられてしまいました。入試倍率県下トップの同校としてはかなり物足りない数字で今後の奮起を期待したいと思います。

このところメキメキと頭角を表してきているのが仙台三高です。東北大進学者こそ昨年の50(41)に及びませんでしたが、京大3(1)一橋大1(0)など超難関高への進学先が徐々に増えてきています。東北大より上位の大学への入学者増が期待されます。

宮城第一高は東北大19(9)で低落傾向を解消できずにいます。また青陵中等高校も東北大合格者が6(3)と激減してしまいました。(一昨年24、昨年15) 入学者の学力に左右されるという中高一貫教育の問題点を露呈した形となりました。この両校の今後の動向を注視していきたいと思います。

その他の各校の東北大進学者を見ますと、泉館山高7(4)、古川高7(5)、昨年度10(5)だった仙台向山高は5(4)、仙台南高2(1) 宮城野高3(2) と市内の上位校の難関大学への進学者数は低迷が続いています。潜在能力を有している生徒は多いわけですから、志を高く持って勉学に取組んでいけば大きく数字が伸びていくと思います。

私立高校では、聖ウルスラ叡智高が抜きんでた結果を出しました。東北大14(13)のほか現役で京大1、東北大()1、早稲田6慶応4と学力のある生徒が増えていることをうかがわせています。

 

ギャラリー
  • Today's Tea Time~3
  • 京の  てぃ~たいむ とぅー
  • 京の  てぃ~たいむ
  • H31の図形問題は易し過ぎ?! 宮城 後期選抜 数学 5 (2) (3)
  • ちょっと見難いかな!? H30年度後期 数学 第四問3(3)
  • ちょっと見難いかな!? H30年度後期 数学 第四問3(3)
  • ちょっと見難いかな!? H30年度後期 数学 第四問3(3)
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行