濫觴塾

【濫觴】らん‐しょう〔‐シヤウ〕 《揚子江のような大河も源は觴(さかずき)を濫(うか)べるほどの細流にすぎないという「荀子」子道にみえる孔子の言葉から》物事の起こり。始まり。起源。

本県の前期選抜試験に思う!!

    本県の前期選抜試験に思う!!

 
本日2/9は本県の前期選抜試験の合格発表の日である。入試選抜に関わった県内の公立高校のすべての先生方には本当にご苦労様と心から労をねぎらいたい心境である。そう書けば皮肉に聞こえる方もおられるだろうが、これだけ易しい問題ばかりでは、どのようにして受検者の学力を見極め、選抜していけるのかと思うからである。昨年度、英語がようやく2020年度から始まる大学入試に呼応したものになり、今年は、数学・国語もと大いに期待していたところであったが、その英語の中身がこれほどお粗末なものに戻ってしまうとは思いもよらなかった。(本県の教育長は英語の教鞭をとっていた方だと聞いていたが、この問題を見られてどのようにお思いになったのだろうか?)偏差値70以上の生徒であれば20分もあれば終了してしまうほど易しい。偏差値が55以上の生徒であれば軽く90点以上は取れたと予想される。いわゆるナンバースクールを受験した生徒たちは100点取らないと恥ずかしいと感じたのではないだろうか? (私はこの英語のすべての問題を13分で解き終えた。) 数学も、同様である。難易度の高い設問第33(1)(2)43(1)(2)を除く(合計で19)すべての問題を解いた時点で7分だった。この4問も超難問といえるほどのものでもなく、残り時間がたっぷりあれば4問中3問は解ける内容だった。

本県の教育委員会の児童・生徒の教育に関わる姿勢には疑問を感じざるを得ない。子供たちには、小学・中学・高校を通してその履修する内容をきちんと学習する権利がある。そして、私たち教育に携わる者には、日々たゆまず学習に励むことによって学習内容を習得し、将来の自分を形成する礎を築くのだということを子供たちに伝えていくという大変重い使命があるはずである。このような、努力を重ねなくても得点できる、低きに流れた出題をすることが、(今後、多くの若者が貧困と隣合わせの状況に直面する厳しい時代を迎えようとしているこの日本社会において)彼らにとってどんなプラスがあるというのだろうか。子供たちの未来を拓くのは、勉強を通してであり、それ以外にはありえない。そうでなければ小1~高3までの12年間もの長期間勉強をし続ける教育制度など必要ないはずである。(余談だが、中学校のある部活で、冬休みからほぼ2週間おきに、大会を開いているものがある。冬休み明けの実力テストの前週に高校の冠杯、1月中に区大会、2月の定期テストの前週の土日に市大会、定期テスト明けに県大会、勝ち進めば東北大会まで待ち受けている。この中学校は、2/89に二学期期末考査を行っている。どうしてこんなに早い時期に、1・2年生の試験を実施するのかも疑問符がつく。二学期も後半を迎え、学習の難易度が上がっていく大事な時期に、ほとんどの土日を練習や対外試合に追われる生徒たちは、どのようにして学習時間を確保できるのだろうか。)

センター試験の結果から今年度の本県の高校三年生の学力低下が目を覆わんばかりであると、前掲の「大きな転換期を迎える高校入試!!」で述べたばかりである。教育委員会各位は学習指導の在り方、入試問題への取り組み、入試制度(前期・後期選抜)の見直し等、停滞している現状を猛省し即座に改革へと舵を取っていただきたいと心から願うものである。

 

小学6年生対象 中学準備講座 etc


小・中学生
春期講習生募集


中学生の部

対象学年 : 新中学23年生

指導期間 : 3/21()4/6()          指導回数: 16(日曜日を除く)

指導時間 : PM4:309:30             指導教科 :5教科

指導内容 : 中2生・・・必修事項 数学 式の計算、連立方程式 英語 Lesson13

        中3生・・・必修事項 数学 多項式、平方根     英語 Lesson13

指導料金 : 32,800(新みやぎ模試・教材費を含みます)

*最終日4/6()は新みやぎ模試を実施します


小学生の部

対象学年 : 新小学456年生

指導期間 : 3/21()4/6()          指導回数: 8(日曜日を除く)

指導時間 : PM4:306:00             指導教科 :算数・理科

指導内容 : 前学年の総復習

指導料金 : 19,800(育伸社月例テスト・教材費を含みます)

*最終日4/6()は育伸社の月例テストを実施します

 


小6生対象
中学準備講座


指導期間 : 3/21(日)~4/6()   指導回数 : 16(曜日選択自由、日曜日を除く)

指導時間 : PM4:306:30             指導教科 : 数学 英語

指導内容 : 数学・・・①正負の数②文字と式(進度に応じて、③方程式まで入る場合もあります)

指導内容 : 英語・・・①アルファベット大文字小文字 ②東京書籍 UNIT1UNIT3

                   (進度に応じて、③UNIT4まで入る場合もあります)

指導料金 : 32,800(教材費を含みます)

大きな転換期を迎える高校入試

大きな転換期を迎える高校入試!!

・・・ようやく始まる学力重視の入学選抜に向けて・・・

  2020、それが今回のキーワードです。以前にもお話しましたが、2020年から大学入試が大きく変わります。文科省は学力の3要素「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」(学校教育法30条第項)を適切に評価する入試に向けての改革を進めてきました。そのための高校入試問題の改革変更が2017年度から本格化する、と考えられます。2016年度入試の全国的な傾向を見てみますと、全教科において「思考力・判断力・表現力」を問ういわゆるPISA型問題や記述問題が増加しています。(広島県は、社会の記述式問題が前年の35%から70%へと大きく変わりました。ページ数が7ページから21ページになったそうです)さて、当県に目を向けますと、今年度の入試問題は「知識・技能」を問う問題が依然として大変多く、平易な問題が目立ちます。問題改定が全国と比べて数年遅れています。(五教科平均283.0ですから、いわゆる難問というような問題は1問もありませんでした) 4年前に前期選抜・後期選抜制度が導入されて以後、調査書重視の傾向に偏り、受検生の本来の学力を正確に反映していない選抜になっていると私は考えています。

 さて、それでは2017年度はどうかといいますと、「思考力・判断力・表現力」を問う問題が大幅に導入されると思います。というのは、現在の中学2年生が2020から始まる大学入試の第一回生になるからです。今後、この前期・後期選抜という制度も変更され、学力重視の入試制度へと舵が切られることになるでしょう。とはいうものの小学校・中学校さらに高校へと続いた教科書改訂で履修内容は質・量ともに大幅にUPしてきました。「知識・技能」の習得に充てる時間が依然とは比べ物にならないくらい多いというのが現状です。ですから「知識・技能」の勉強にも大変時間がかかることも事実です。では、来年度の入試を迎える現中学2年生のみなさんはどのような学習をしていけばよいのでしょうか?実は、私は学校間で二極化が進んでいくだろうと考えます。上位校は「思考力・判断力・表現力」(PISA型問題、記述問題)の作問が重要視され、いわゆるボリュームゾーンといわれる(偏差値49以下の)中下位校は「知識・技能」の作問を重視するということになると思います。(当県は東京都が実施しているような各高校が独自問題を作成するという方向にはいかないと考えられます。したがって、当分の間作問に対する配点に差をつける(傾斜配点)を採用することが予想されます)小学生を含めて中学2年生より低学年のみなさんは自分の志望校をしっかりと見据えてこれからの学習への取り組み方を考えながら勉強に取り組んでいってほしいと思います。

 ところで、今年度の当県のセンター試験の平均点が、理系・文系とも全国平均より30~40点低かったことはご存じでしょうか?この数字一つをとっても当県の高校生たちの学力低下がいかに顕著であるかを物語っていると思います。(特に、いわゆるナンバースクールといわれる最上位校の生徒さんの学力は危惧すべき状況ではないでしょうか。今年度の東大・京大・医学部への進学者数は激減すると私は予想しています) これから、高校・大学へと歩みを進める小・中学校の児童生徒をお持ちのご父母の皆様には、ご自分のお子様の将来を見つめながら家庭教育に取り組んでいただきたいと思います。
(参考文献 Educational Network Journal vol.39)

ギャラリー
  • ちょっと見難いかな!? H30年度後期 数学 第四問3(3)
  • ちょっと見難いかな!? H30年度後期 数学 第四問3(3)
  • ちょっと見難いかな!? H30年度後期 数学 第四問3(3)
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行
  • スタディ・パル 合宿一泊旅行